クラビットってどんな薬?

感染症は、発赤、痛み、発熱、化膿などをもたらします。感染症の原因はウイルスや細菌に感染することです。

クラビットは細菌に対する薬です。
グラム陽性菌、陰性菌、クラミジア、マイコプラズマなどの細菌に対する力があります。

薬を服用することで発熱、痛みなどが軽減します。
皮膚感染症、尿路感染症、呼吸器感染症など幅広く用いられています。

インフルエンザや風邪はウイルスが原因の病気です。
クラビットは細菌にしか働かないので、風邪などに使っても症状はよくなりません。

アルミニウムやマグネシウムを含む胃薬と一緒に服用すると効果が減少することがあります。
服用する場合は2時間以上開けましょう。

鎮痛薬、鉄剤、ワルファリンなども飲み合わせに注意が必要なので、医師や薬剤師に相談しましょう。